サイトンレーザーに向いているニキビ治療とその性質について


サイトンレーザーはどんなニキビ治療に向いている治療法なの?

サイトンレーザーは、ニキビ跡が凸凹になっているクレーター状のものの治療に適していると言われるレーザーで、強力なレーザーを照射する事で知られています。
別名をキングオブレーザーとも言われていて、肌を削るアブレーションに長けていると言われています。

そもそもサイトンレーザーなんて聞いた事がない、どんなものなの?

サイトンレーザーは、海外ではキングオブレーザーと呼ばれるほどのもので、その理由としていろいろな種類のレーザーやフラッシュ系の光治療を一台のマシンに集約していると言う事からそう呼ばれるようになったと言われています。

大きく分けて三つの機能が有名で、エルビウムヤグレーザー、サマースキャン、ブロードバンドライトの機能が搭載されている事が多くあります。
それぞれの機能はニキビ跡治療に適しているものばかりで、一度に治療を行う事が出来るから人気を集めるようになったと言っても過言ではないでしょう。

サイトンレーザーの主な特徴としては、肌を削り取るアブレーション機能に長けている事、強力なレーザーの為にダウンタイム等が長い分、効果が絶大であると言う点です。

強い治療をする事が出来る分のリスクも高いのですが、それを乗り越えれば治療困難なニキビ跡にも効果が絶大であると言うわけです。

サイトンレーザーは本当にニキビ跡治療に有効なの?

サイトンレーザーは一部情報商材で有名になったと言われていますが、実際の効果はどうなのでしょうか?

強いレーザーと言うのは、時として肌に対するダメージも強く出てしまう事があります。
ですが、このサイトンレーザーはそれを上手くコントロールし、活用していると考える事が出来ます。

治療に踏み切るまでは相当な決心が必要になりますが、美しい素肌の為にチャレンジする価値はあると言えるでしょうし、その為の事前のカウンセリングが非常に重要になると言えます。

サイトンレーザーについてもっと詳しい情報を知りたい方はこちら