ニキビ治療の軸は二種類


ニキビ治療で人気の外用薬は?

横浜すずきクリニックではニキビ治療の一環として外用薬を使用しています。
その外用薬の中でも人気があるのがトレチノインを用いた治療です。

トレチノイン治療は主にホームケアを基本としており、日本でも人気の外用薬ですが、海外では三十年以上も前から使用されている外用薬です。

その効果としてはニキビが出来るのを防ぎ、更に皮脂の分泌を減少させて、ニキビ菌が繁殖したり、発生したりする事を抑える効果があります。
ニキビの九割程度に効果があると言われており、凸凹したニキビにも効果的に作用すると言われています。

こうした効果があると同時に凸凹したニキビに対して皮膚を平らにする作用もあり、総合的にニキビが出来にくい肌を作るよう働きかけます。

ニキビ治療で肌の再生を促すと言えばケミカルピーリング

横浜すずきクリニックではニキビ治療の中でも肌の再生を促すものとしてケミカルピーリングを推奨しています。
酸性の薬剤を使用して、皮膚表面を薄く溶かす事から始まり、新しい皮膚の再生を促す治療方法です。

白ニキビ等の比較的症状の軽いニキビはもちろんの事、外用薬であるトレチノイン治療の補助的な役割も担います。

横浜すずきクリニックではケミカルピーリングを行う為の薬剤として、グリコール酸、乳酸、サリチル酸、と三つの薬剤をスタンバイしており、ニキビの症状によって使分けるようにしています。

ニキビ治療の軸になる二つの治療法

横浜すずきクリニックではニキビ治療として上記二種類の治療法を軸としています。
自宅では外用薬のトレチノイン治療を、クリニックではケミカルピーリングを行う事でダブルの効果を狙うのです。

クリニックと自宅での治療が出来ると、治療をしている方ご自身も、積極的に治療を行っていると言う自覚も芽生えるでしょうし、自分のニキビの状態を自分の目で確認するようになるでしょう。

こうした良いサイクルを構築する事で、やる気やポジティブな考え方を持つように促しているとも言えるのです。

横浜すずきクリニックの口コミ・評判が気になる方はこちら