ニキビ治療は保険外診療も効果的


ニキビ治療にはどんな方法が適しているのでしょうか?

人間の体は十代の初めごろから性ホルモンの分泌が盛んになり、その影響で生理が起こったり、ニキビが出来やすくなったりします。
これは正常に体が成長をしている証拠でもあるのですが、ニキビの場合は見た目にも影響する事から、敬遠される事が多いものです。

そんなニキビは放置しておいても治るものもありますが、大抵の場合、十代の初めころのニキビと言うのは炎症を起こしたり、必要以上に悪化しやすいので、適切な治療が必要になるものです。

万一放置しておいた場合には、ニキビの跡が凹んだ状態で残ったり、盛り上がった状態で残ったり、赤みや茶色、黒等の色素沈着を起こして残る事もあるのです。
出来るだけこうしたニキビ跡を残さない為にはニキビ治療をする事がおすすめです。

ニキビ治療にはどのような方法が適しているのでしょうか。

赤井クリニックスキンケアでの保険外診療で出来る事

通常のニキビ治療は保険診療での治療からスタートします。
ニキビの状態にもよりますが、ニキビの状態に適した対処療法からスタートするのが一般的です。

しかし、それだけではどうしても治りにくいニキビの場合は難治性ニキビと診断される事もあり、その場合には保険外診療で治療する事もあるのです。
保険外診療で出来る事には次のようなものがあります。

各種ピーリング、吸引処置、各種レーザー治療、イオン導入、超音波導入等があります。

それぞれの治療法はニキビの状態や重症度に応じて行われるので、一概にこれがイチオシとは言い切れませんが、どの治療法も、自分のニキビの状態がはっきりとしていれば効果的に作用してくれるものばかりです。

中にはニキビ跡にも対応しているレーザー治療もあるので、既にニキビ跡があると言う方も相談すると良いでしょう。
また、跡が残らないように治療する目的で各種治療をすると言うのも良い方法で、先を見据えた治療をして貰う事が望ましいと言えます。

赤井クリニックスキンケアのもっと詳しい情報を知りたい方はこちら