ホルモンバランスの関与が疑われるにきび治療とは


にきび跡センターでにきび治療

にきびは、誰もが一度は経験するもので、思春期から大人になっても悩まされるものです。
にきびの原因と言うのは、まさに人それぞれ十人十色でコレだと断定できない事が多くあります。

思春期のにきびから、大人のにきびまで多くのにきびについての悩みを抱えている方は、にきび跡センターで治療をする事がおすすめです。
にきびは様々な原因を探り、適切な治療をする事で完治する事もありますので、諦めずにいる事が肝心です。

にきびの発生とホルモンバランスの関係とは?

にきびはホルモンバランスとの関係が深いと言われています。
ここで表現しているホルモンとは、女性ホルモンと男性ホルモンで、通常は男女共にそれぞれバランス良く成り立っているものです。

この女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れると、肌には様々な影響を及ぼす事がわかっています。
男性ホルモンが増えると皮脂腺の発達や分泌量の増加を促し、皮膚のターンオーバーのサイクルを狂わせます。

男性ホルモンは無くてはならない存在ですが、多く分泌され過ぎるとにきびを量産する事に繋がるのです。

一方で女性ホルモンはと言うと、生理周期に合わせてホルモンバランスが変化する為にそのタイミングでにきびが増える事があるのです。
どうしても生理の前になると肌荒れやにきびが増えると言うのはこの為で、生理が落ち着くと共ににきびも治まると言う傾向が特徴的です。

ホルモンバランスの乱れが原因のにきびの対処法は?

ホルモンバランスの乱れが原因のにきびには、再発を繰り返す傾向があり、毎月、或いは季節によってにきびが酷くなると言う事もあります。
そんな時には、漢方療法やプラセンタ療法、抗男性ホルモン療法等をする必要があるのです。

これらの療法はホルモンバランスを整える作用があるので、ホルモンバランスの乱れによるにきびには効果的であると言えます。
いずれにしても一度受診する事がおすすめです。

にきび跡センターの口コミ・評判が気になる方はこちら