レーザー治療で早期にニキビ治療をしたい!


山手皮膚科クリニックでのニキビ治療の考え方とは?

ニキビと言うのはたかがニキビと言うようなイメージを持っている方も多いと思いますが、そう思われる通り、誰もが一度は経験する日常的な疾患の一つです。
ですが、治療法を間違えると、赤みが残ったり、凹凸のあるニキビ跡が残ったり、ニキビの再発を繰り返すようになってしまいます。

こうしたニキビは、あまり甘く考えずに、適切な治療をする事が望ましいとされています。
山手皮膚科クリニックでもニキビ治療に関しては、早期治療かつ、適切な治療法で治療する事が最善だと考えています。

体の内側と肌表面からの治療だけでは無く、ライフスタイルにも気を配る事によってニキビが出来にくい肌作りが出来るとも言われています。
こうした総合的なケアをしていく事もニキビ治療の大切なプロセスだと言えるのです。

レーザー治療を行った場合のニキビ治療

レーザーによるニキビ治療は、ニキビの種類にもよりますが、内服薬等での治療では効果を感じられない方に適していると言えます。
内服薬をある一定期間服用しても効果が無い、感じられないと言う場合はレーザー治療に切り替える事も視野に入れておく事が必要になります。

しかしここで注意しなければならないのは、炎症を起こしている赤ニキビ等の場合は、レーザー治療を行う事によって一時的に症状が悪化する可能性がある事です。
そういったリスクがある事も熟慮の上で治療に臨む事が理想的でしょう。

何回くらいレーザーを照射すれば良いのでしょうか

急ぐ場合は二週間に一回程度、四週間で二回、それを二か月程度治療して行くと劇的な改善が見られると言われています。
通常は、四週間から三週間に一回程度の照射が望ましいとされているだけに、急いでいる場合は慎重にならなければいけないと思います。

また、合わせてケミカルピーリングを行うとより早く効果を実感出来る事もありますので、ニキビの状態や肌質、クリニックの方針等と併せて相談していく事が良いでしょう。

山手皮膚科クリニックの口コミ・評判が気になる方はこちら